日本清酒株式会社

メニュー

pcサイトへ

日本清酒の歴史

歩み

明治5年に創業し、札幌で初めて酒づくりに挑戦した柴田酒造店。そこを出発点とする当社は、北海道を拠点に、全国、世界に酒づくり、ワインづくり、味噌づくりの文化を発信する醸造メーカーです。一世紀をゆうに超える歴史は、純白の翼を広げ、空を悠々と舞う丹頂鶴のように、北の空で翔き続けてきました。当社では、その歴史の重さに甘んじることなく、努力してまいります。

明治5年

創業者・柴田與次右衛門が創成川畔で、『柴田酒造店』(現札幌市中央区)を始める。

明治30年

同店を中心に7酒造者が企業合同、『札幌酒造合名会社』を設立。

明治30年

『札幌酒造株式会社』に組織変更。

昭和2年

全道清酒品評会で優等に入賞した清酒6点の内、5点を独占。

昭和3年

札幌酒造株式会社を中心に8社が企業合同、『日本清酒株式会社』と改称。統一銘柄を『千歳鶴』とすると共に『寿みそ』の醸造開始。

昭和28年

日本清酒設立25年を記念し、本社社屋を竣工。

昭和34年

日本清酒設立30年を記念し、国内最大規模(当時)の札幌酒造工場を竣工。『丹頂蔵』と命名。

昭和37年

琴似みそ工場新築落成。東京支店開設。アメリカへ初輸出。高濃度酒691mlひょうたん型瓶詰めで、小樽港から出港する永安丸に積載し輸出された。高松宮さま丹頂蔵を視察。丹頂蔵が(社)日本食品衛生協会会長より表彰される。

昭和49年

余市町に『余市ワイン』工場竣工。ワインの醸造開始。

昭和57年

国税庁醸造試験場主催(現在は独立行政法人酒類総合研究所主催)『全国新酒鑑評会』で14年連続金賞の栄誉。

平成10年

故・津村弥杜氏が『現代の名工』として労働大臣表彰。

平成14年

札幌の酒と文化の発信地『千歳鶴 酒ミュージアム』竣工。

平成15 年

『酒ミュージアム』が『北海道屋外広告物コンクール』で、最優秀の『北海道知事賞』受賞。

平成16 年

北海道産酒造好適米「吟風」使用酒が全国新酒鑑評会で金賞受賞。「千歳鶴ミュージアムANNEX」竣工。

平成17年

高砂酒造株式会社を完全子会社とする。

平成18年

北海道産酒造好適米「吟風」使用酒が全国新酒鑑評会で2度目の金賞受賞。

平成20年

蔵元直営千歳鶴 「吉翔」オープン

平成22年

蔵元直営千歳鶴 「鶴の蔵」オープン

平成23年

「余市ワイナリー」オープン

- MENU -